さんご草→知床へ

 本日も島は

 旅行中、お天気に恵まれて、本当によかったな~って実感。

 今日は2日目の様子をお伝えします


※はなじゃない写真も多いのは・・・お許しを



<2日目>  9月23日(日) 晴れ


 2日目も、すばらしいお天気で目が覚めた

画像


                部屋のカーテンを開けると・・・真っ赤なじゅうたんが!!


画像


     予約する時、本当はさんご草の見えない、安い部屋をとる予定だった。

   でも、お宿の方のおススメで2000円高い部屋を予約。

   大正解でした!!9月しか見れない、この景色


画像


  チェックアウト後、宿の目の前、さんご草群生地を散策

  一番いいときだけに、朝早くから、多くの人が見に来てました。

画像


           はなは小さいから、遠くまで見えないよ~

           にいにい、おぶって~



画像



               すごい~まっかっか~

画像


                 ↑近くでみると、こんな感じ。

    さんご草(正式にはアッケシ草らしい)を、よーく見ると、以外に小さい。


  結婚して、北海道に来た頃から、ずーーーっと見たかった、さんご草。

 地元の人いわく、今年は、暖かすぎて色がイマイチらしい・・・けど、

      十分、私たちには、満足できる赤色を見せてくれました。

 さんご草、ばんざ~い


画像


          群生地では、ステキなお友達に会いました。

        オールド・イングリッシュ シープドッグのももちゃん

画像


                  ↑とってもおとなしい子!!

              はなに、ほとんど興味なし・・・





   網走観光へ

画像


            まずは、定番ですが・・・


  はなを車においていこうか、かばんに入れようか、悩んでいたけど、

        入り口で確認したとこ、はなも入場可
             (※食堂のある建物だけ、不可。)

画像


          お天気もよくて、さわやかな朝のお散歩

画像


           ハウスがおっきくなったみたい!!


画像


          あちこちに、動く人形があり、ちょっとドキドキ。

  本当は、もっとゆっくり見たかったとこだけど、

     この日も、長い一日になりそうなので、1時間ちょっとで撤収。





  次に、むかったのは、朝日ヶ丘展望台

画像


            この時期に、ひまわりが満開

画像


                    ↑↑はな、ダメ!!!



  ここでも、のんびりしそうになった私たち・・・

 
 網走を後にして、再びオホーツク海岸線を走る

画像


              ↑小清水原生花園でちょっと休憩。

  よく、天気予報のバックで映っていて・・・気になってたトコ。

  バックに見える斜里岳が、ちょっとだけ、利尻山っぽいかな~って。

画像


         この日の気温は18度はなはバテ気味




 本当は、知床見てから、お昼と思っていたのに・・・すでに12時!!

 急いで、知床へ~



画像


                ちょっとだけ、寄り道オシンコシンの滝↑


   知床八景のひとつで、日本の滝100選に選ばれてるらしい

 ※ちなみに、名前の由来はアイヌ語で「エゾマツが群生するところ」だって!



 そろそろ、お腹も限界。
 
   何よりも大事なランチタイム!!

画像


  ガイドブックで見つけたお店・いも好きにはたまらないメニュー!!

  人気店のようで、店内は満席。

 時間もないことだし、テイクアウトして、車内で食べることに。

画像


     待ってる間、大泉さんも食べたという、栗じゃがプリンを

   ※私の顔もひどいですが・・・はなの顔もスゴイ。

画像


  えーーーっと、待て!ができない私たち、車に戻ってすぐ、完食

   栗じゃがの写真が一枚もありません・・・
 

 栗じゃがグラタンも、カレーもおいしかったです




 いよいよウトロ→知床

  ところが、知床五湖へ向かう道路が大渋滞!!!

 恐るべし、世界遺産。 駐車場待ちが700メートル


 あきらめて、Uターンして戻る車も。

 時間のない私たちが、だした結論は・・・

 一度、見たことのある姉が運転。はなも車にお留守番。

 残りの3人で坂道を歩いて登る!!

画像


      にいにいの測定によると、歩いてぬいた車70台以上。

    なんとか、知床五湖に到着!!

画像


               証拠写真とりあえず一湖見たよ~



  そして、再び、渋滞の車を見ながら、坂道を下り、車に戻る。

 Uターンして、戻る。(おかげさまで、駐車場代が浮いたのだ←ケチ


画像


          ウトロに戻る途中、知床らしい光景が 



  この後、本当は開陽台とか行きたかったのですが・・・

  時間の都合で、まっすぐ摩周湖へ

画像


            もちろん、霧はありませんでした・・・

  皆さんは、霧の摩周湖みたことありますか?

 私たちは、見たことありません。

 去年の新聞でも、シーズン中、霧が見える確立は10分の1だったそうな・・・

画像


   自分では気づかないけど・・・写真をとってる姿って変ですね↑

画像



 
 すっかり日も暮れて、寒くなったので、本日のお宿へ


 川湯温泉川湯観光ホテル

画像


        はなも同室(¥0)・夕飯は部屋食

           一人一泊二食で10500円でした!!

  お風呂は硫黄の臭いがプンプン体によさそうな感じ!!

 肌が弱い私には、ちょっとピリピリだったけど、

  私以外の3人は、お湯がよかったらしく、何度も入っていました

画像


       ホテルの玄関の横に、無料の足湯が

画像


     ちょっと寒かったけど、缶チュー持参して、足湯を満喫


画像


   2日目も、よく食べ、よく遊び、

       きれいな景色をたくさん見ました

画像






    今日も、長い長い、旅行記を読んでくれてありがとう

 明日は、屈斜路湖→釧路→トマムへの大移動!!

        飽きずに、付き合ってくださいね








                    ↓790頭超えました!!もうちょっと
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タップママ
2007年09月28日 15:55
慌しい一日でしたね~``r(・_・;) ポリポリ
でも、すっごく楽しそう(≧▽≦)ノ
サンゴ草すごくキレイ(。-_-。)ポッ
やっぱり北海道は自然がいっぱいでいいなぁ(●ゝ∀・●)♪♪
はなちゃんも一緒に入れるところが結構あるんですね~♪
ペットブーム恐ろしや( ゚Д゚)
明日も読ませてもらいます( ´艸`)ムププ
マリン
2007年09月28日 17:41
北海道はでっかい!!その言葉通り、たくさん見回るところがあるのねー。そしてどこにでもすばらしい自然!!いい空気吸ってるな!うらやましいよー。次回の北海道旅行には絶対に参加したいね。ハナは私よりも北海道を見て、歩いて、嗅いでるんだね。幸せなやつだ!!!
さんご草、すばらしい景色!オールドシープドッグの迫力もさすが、北海道の土地ならではな感じでした。もう一つ気になったのが、ハナママが着てる、ランニング。なんだかハナがたくさんプリントされてるよーだね。ハナハナハナハナハナハナ。。。みたいでした。
朔まま
2007年09月29日 08:59
さんご草って知らなかったー。
そんなのあるんですねぇ。すごいなぁ。
北海道にいても知らないことばっかりだよー。
ほんとだっ。ママさんのタンクトップ超可愛い!
よく見たらハナちゃんがいっぱいっ。
実は私もフレンチのTシャツ持ってます~笑
つい買ってしまいますよねっ。って、私のは
知り合いがくれたんだけどー笑
道東は行ったことがないので
行ってみたいなー!!
はなの飼い主
2007年09月29日 12:43
☆タップママさん☆
北海道も、探せば、ペット可のとこ増えてますね!
まだまだ、東京に比べると、レストランなどは少ないけど・・・
それでも、自然を見るには、基本的にはなも一緒♪
いつか、北海道をタップくんと旅してみてください♪


☆マリン☆
そう、どこ行っても、空気がおいしいね~
それが、北海道に住んでる一番の特権かもね!
確かに、はなは、関東に住んでる人たちより、たくさんの景色を見て、歩いてるよね♪本人が喜んでるかどうかは・・・わからないけど。
はなプリントに気づくとは・・・さすがだね!!
はなの飼い主
2007年09月29日 12:45
☆朔ままさん☆
道東って、なかなか行く機会ないですよね。
私も、今回思い切って、行って本当によかったです♪
ちょっと、遠いけど、日本海とは違う景色がいっぱいですよ!!
さんご草も9月限定ですが、かなりおススメです。
私のタンクトップ、実はボストンテリアなんです(笑)
でも、ありでしょ♪

この記事へのトラックバック